前へ
次へ

残りご飯でライスコロッケが作れます

ご飯が少しだけ残ったときは、ライスコロッケを作って食べています。
温かいご飯にデミグラスソースとチーズを混ぜてから小さく丸めて、衣をつけて揚げています。
ライスコロッケの魅力は、混ぜるものによって味が大きく変わるため、何度作っても飽きることなく食べられる点にあります。
しかも、残ったご飯を無駄なく美味しく食べることができます。
ちなみに、我が家ではライスコロッケをおやつとして食べることも多いです。
スナック菓子よりも健康的ですし、ご飯から栄養もたっぷり摂れるので安心して息子に食べさせることができます。
息子はチーズとじゃこを混ぜて作るライスコロッケがお気に入りのようで、何個か作ってもあっという間に食べてしまいます。
残りご飯は時間が経つとどうしても味が落ちてしまうので、早めにライスコロッケを作って美味しく食べると無駄にしてしまうことがありません。
これからも混ぜるものを工夫しながら、残りご飯で美味しいライスコロッケを作って食べたいです。

Page Top