前へ
次へ

理想のサクサク天ぷらにするために食材の水分はオフ

お総菜売り場で買って食べる天ぷらはサクサクしていますし、和食処の料亭などでいただく天ぷらも、間違いなく満足なサクサクした食感です。
ところが張り切って自宅で天ぷらを揚げてみると、なぜかべたついたりしっとりしたりと、理想のサクサク感とは無縁であるケースも少なくはありません。
料理のレシピ通りに作っているはずなのに、揚げたてからして何となくしんなりしていることもあります。
自宅で作る天ぷらはイコールで、衣が常にべチャッとする仕上りというのは、コツさえつかめば回復をすることが可能です。
意外とやってしまいがちなのが、揚げ物の食材の水分を残したままで油に投入をしている方法であり、油跳ねもしやすくて仕上がりはべチャッとします。
水洗いをした食材は清潔な布巾か、もしくはキッチンペーパーで完璧に水分を拭き取ることです。
唐揚げなどとは違うので、酒や醤油でした揚げはせず、とにかく水分オフで揚げるようにします。
もしも下味で水分を残してあげると、天ぷらは水分があるためサクサクにはなりません。

Page Top