前へ
次へ

食育は堅苦しく考える必要は無い

食育という言葉を聞くと、どうしても堅苦しいイメージがあるという人も、世の中にはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
食事ということは、本来であれば非常にシンプルであっても良いのではないでしょうか。
食べるということをしっかりと考え、他の誰かと食べる喜びを分かち合って、美味しいと思うことが出来る毎日こそが豊かさの象徴であり、贅沢なことなのだと思います。
農園から食卓のテーブルへ食材が並ぶまでには、非常にたくさんの人たちが関わっていると言っても過言ではありません。
そのようなプロセスに想いを馳せることによって、幸せがさらに広がることでしょう。
堅苦しく食に対することを考えるのではなくて、ほんの少しだけ意識を変えてみることで、毎日の食卓が変わってくると思います。
毎日の食事にしっかりと感謝しながら頂き、さまざまな命を頂いて今の自分自身がここに居るのだということを、実感してみるのも良いのではないでしょうか。

必要な箱の数を言えば持ってきてくれます
初回の箱の料金はかかりません!

シークレットシューズ・ヒールアップシューズの革靴本舗

https://kobemission.info/
便利屋mission神戸は、派遣するスタッフの性別・年齢指定の希望も承りますのでご相談ください。

研究者の皆様の研究成果の発表を応援しています
論文の文法、スペル、句読点が合っているかなどを厳格に校正します

https://osakamission.info/

Page Top