前へ
次へ

江戸時代のカステラの食べ方を調べてみる

現代的なスイーツのように見えて比較的古くに伝わったとされるものにカステラがあります。
ヨーロッパから伝えられたとされ、小麦粉、卵、砂糖等を混ぜ合わせて焼きます。
ふんわりして甘い香りがするスイーツとして人気があります。
今はお茶うけなどとして苦いものなどと一緒に食べることが多いかもしれません。
ではカステラが伝わった当時はどんな食べ方をしていたかです。
当時は小麦粉や卵はそれなりにありました。
しかし砂糖は非常に貴重だったようです。
ですから材料としては含まれているもののあまり入れられていなかったようです。
小麦粉と卵を混ぜて焼き上げたものになります。
あまり甘い香りはしないでしょう。
スイーツとしてよりもおかずとして食べられていたとされます。
卵焼きをふっくらさせたものと考えるとちょうどいいのかもしれません。
卵焼きといえば醤油をかけたり鰹節をかけたりして食べるとおいしいです。
もしかすると今でも江戸時代のカステラが新しい食べ物としてはやるかもしれません。

Page Top