前へ
次へ

現在人に不足がちの野菜とは、食の野菜が必要なのか

現代人は、野菜不足だと言われる場合もあるはずです。
では、なぜ、食の野菜を食べなければならないのでしょうか。
私達の人の体は、野菜に含まれる成分が不可欠だからです。
特に野菜は、ビタミン群が豊富に含まれている中で、ビタミンを摂ると言っても過言ではありません。
ビタミンは、人の臓器の働きを正常に働かせるだけでは無く、臓器その物を作り上げるのに大切な役割があります。
例えば、ビタミンCは、肌の美しさを保つ役割もあり、抗酸化作用が疲労感を和らげてくれるのです。
世の中には、一切肉を食べ無く野菜しか食べない人達もいます。
ベジタリアンと呼ばれる人達です。
健康としては議論の余地がありますが、少なからず、一般の人と同じ生活を送られています。
逆に、お肉しか食べない人は、余り存在せず、存在しても病気を患わせる可能性のある人達です。
野菜の必要性について、明確に判断が出来るのではないでしょうか。
自己中心的に生きている人の中には、好きな食物にしか目が向かず、病気になる可能性も高いでしょう。
野菜の必要性を再認識し、今からでも意識をしながら量を増やしていく心構えも大切です。

Page Top